【映画】「マーキュリー・ライジング」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、ブルース・ウィルス主演の「マーキュリー・ライジング」です。

スリルあり、感度ありで面白い映画なんです。


スポンサードリンク

「マーキュリー・ライジング」レビュー!

監督:ハロルド・ベッカー
脚本:ローレンス・コナー
公開:1998年
主演:ブルース・ウィリス/ミコ・ヒューズ/アレックス・ボールドウィン

あらすじ

主人公は「アート・ジェフリーズ」FBIの優秀な囮捜査官である。彼はある事件で上司を殴り、左遷させられてしまう。

もう1人、9歳の主人公「サイモン」は自閉症でパズルが大好きで、その日先生に貰ったパズル雑誌を家で遊んでいた、その雑誌の1ページにサイモンの目が止まる。

その後おもむろに電話を取り、ある番号を押し電話を掛ける。

その相手はアメリカ国防総省で、パズル雑誌に実験的に載せていたアメリカのセキュリティーシステム「マーキュリー」のプログラムを解いてしまったのだ。

焦った軍はサイモンを誘拐しようとサイモンの両親を殺害、しかしサイモンの隠れ場所が分からず、誘拐は失敗する。

そしてアートに捜査依頼が来る、行方不明の子供の捜索依頼だ。

現場に到着したアートはクローゼットの奥に隠れているサイモンを見つけ保護する。

しかし、サイモンを狙って追ってが迫る。アートはサイモンを守って逃走するが、誘拐犯としてアートが指名手配されてしまう…

感想

この映画も面白かったですね。

サイモンを演じるミコ・ヒューズの演技が凄すぎて、入り込んでしまいます。

ブルース・ウィリスはいつもの刑事役ですが、ぎこちない子供との接し方に好感を持てますね。

国の不利益になる事の為に一般市民が犠牲になる。よくある設定ですが、本当に映画の中だけにしてもらいたいと願います。

この映画のカテゴリーをあえてドラマとしてあります。

「刑事ものだからアクションじゃない?」と思った方、観てみて下さい。
れっきとしたドラマ映画です。

ミコ・ヒューズの演技、一度皆さんも体験してみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事