【映画】「素晴らしき日」レビュー!あらすじや感想を紹介!

この記事は2分で読めます

ミシェル・ファイファーとジョージ・クルーニー共演のドラマです。

のんびりと観る事が出来る作品です。

「素晴らしき日」レビュー!

監督:マイケル・ホフマン
脚本:テレル・セルツァー
公開:1997年
主演:ミシェル・ファイファー/ジョージ・クルーニー

あらすじ

新聞記者のジャックはバツイチだがその日、元妻が再婚し、新婚旅行へ行く為に5歳の1人娘マギーを数日預かる事になる。

一方建築家でバツイチのメラニーはシングルマザーで5歳の息子サミーを育てていた。

その日2人は子供達の課外授業に遅刻しタクシーに乗り合わせ集合場所に急いでいた。

ジャックは子供じみた性格でメラニーをわざと不愉快にさせるような事を言い、メラニーもプライドが高く弱みを見せないため2人の初対面は最悪だった。

結局課外授業には間に合わず2人は自分の子供を連れて仕事に行く事に、仕事は多忙、よりによってその日は2人にとって人生を左右するような大事な仕事がある日だった。

何とか子供をどこかに預けようとする2人、しかし携帯電話をお互いに取り違えてしまっていた。

しょうがなく連絡を取り合い、お互い外せない時間以外子供達を預かる事に。

最初はいがみ合っていた2人だがしだいに‥

感想

ジョージ・クルーニーとミシェル・ファイファーがバツイチ子持ちの役で出演してますが、ジョージの子供っぽくてワガママな役もいいなと思いました。

この作品はジョージの出世作の1つですね。
子役の2人もなかなか可愛かったです。

お互いに一人で子守と仕事を両立させようとして(ちゃんと出来ているかどうかは別にして)バタバタとストーリーが進んでいきます。

ジョージとミシェルのキャラクターの個性が強いので、観ていて飽きませんでした。

どっちかというと子供達より親の方が子供なんじゃないか?と思った作品です。

映画の内容とはあまり関係無いですが、アメリカの映画を観てるとたまに思うんです、すごく明るいうちに晩ご飯食べてたり、仕事もあまり時間に縛られてないというか、(この映画は縛られてますが)なんか自由な感じがします。日本と時間の感覚がチョット違うのかな?

僕の勘違いかもしれませんが。

全体的にほんわかする作品です。

気になった方は観てみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事