【映画】「ローマの休日」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

オードリー・ヘップバーンの代表作でかなり有名な映画ですね。

当然タイトルなどは知っていましたが、今まで観たことが無く、今回初観賞してみました。

モノクロだし、かなり昔の作品なので正直退屈そうだなと思っていましたが、全然そんな事は無かったです。

「ローマの休日」レビュー!

監督:ウィリアム・ワイラー
脚本:ダルトン・トランボ
公開:1954年
出演者:オードリー・ヘップバーン/グレゴリー・ペック

あらすじ

某国の王位継承者である「アン王女」はヨーロッパ各国を表敬訪問していた。

最終国であるイタリアのローマを訪問中に職務の疲れからか自暴自棄になってしまい、夜中に宮殿を抜け出してしまう。

しかし、直前に打たれて睡眠薬によって通りのベンチで眠ってしまった。

そこに通りかかった新聞記者の「ジョー・ブラッドレー」はアン王女を酔っ払った若い娘さんだと思い、家に送り届けようとするが、意識がもうろうとしているアン王女を仕方なく自宅に泊める事に。

翌日、眠るアン王女を残し出勤したジョーは新聞でアン王女の写真を見て驚き、ある事を思いつく。

編集長とアン王女の独占インタビューを取れるかどうかの賭けをして急いで自宅に戻る。

ジョーはアン王女のスクープを取る為に彼女と街に繰り出すのだが…

感想

退屈だろうとあまり期待せずに観たこの作品ですが、ふつうに面白かったです。

オードリーの可愛らしい表情も良かったですが、当時のローマの様子なども伺える作品です。

ストーリーが本当に素晴らしいので、時間が経っても何か惹きつけられる魅力があります。

カラーで観てみたいなと思いますが、今リメイクなどをしてもそれはちょっと違うなと思います。

この時代でこのスタッフだからこそ出来た作品ですね。

この映画の脚本を手掛けた「ダルトン・トランポ」彼は当初、映画界を追放されていたらしく、別人の名前で発表されていたそうです。

彼の一連のエピソードも映画化されてるのでその作品もチェックしたいと思います。

映画好きなら一度は観てみて下さい。

関連記事
「オードリー・ヘップバーン」のプロフィールと出演映画を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事