【映画】「ライヤー・ライヤー」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、ジム・キャリー主演のコメディ映画「ライアー・ライアー」です。

ジム・キャリーのいつものキャラで笑えるし、ほっこりする場面もあってなかなかいい映画だと思います。


スポンサードリンク

「ライヤー・ライヤー」レビュー!

監督:トム・シャドヤック
脚本:ポール・グアイ
公開:1997年
主演:ジム・キャリー

あらすじ

主人公の「フレッチャー・リード」はやり手の弁護士、勝ち目の無い裁判でも得意の嘘で勝訴を勝ち取っとていく。

しかし、その嘘で固めたテキトーな性格は私生活でも同じで、嫌気がさした状妻とは離婚ていた。しかし、息子の「マックス」はお父さんが大好き。
たまに会える日を楽しみにしていたが、フレッチャーは嘘を付き度々マックスを傷つけていた。

その日はマックスの誕生日。夜は家でパーティーが開かれフレッチャーも当然行くはずだった。しかし仕事で遅くなりまたテキトーな嘘でごまかしてしまう。
落ち込んだマックスは「パパが1日だけでも嘘がつけなくなりますように」とお願い事をします。

そして、本当にフレッチャーは嘘がつけなくなってしまいます。

嘘がつけない事にビックリするフレッチャー、次の日には昇進が掛かった大事な裁判が‥

どんな事にも本音を言ってしまい、フレッチャーの日常はメチャクチャになっていく。

果たして裁判の行方は、そしてマックスとの信頼はどうなるのか?

感想

今まで嘘ばっかついて生活していた人間が、突然嘘がつけなくなる。

ジム・キャリーのキャラとの相性がバツグンで面白い作品だと思います。

なんとなく「イエスマン」とかぶってるような気がしますが、気のせいですね。

とにかくジムの表現方法が面白くて笑ってしまいます。

息子との関係も、なかなかいい話ですね。

本編が終わってからNG集が流れます。笑えますよ。

関連記事
「ジム・キャリー」のプロフィールと出演映画を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事