【映画】「コップ・アウト」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、ブルース・ウィリス主演の「コップ・アウト」です。

面白そうなストーリーで鑑賞してみました。

普通に面白いコメディ映画です。


スポンサードリンク

「コップ・アウト」レビュー!

監督:ケヴィン・スミス
脚本:マーク・カレン
公開:2010年
出演者:ブルース・ウィリス/トレイシー・モーガン

あらすじ

ニューヨーク市警の「ジミー・モンロー」とポール・ホッジス」はベテランコンビで優秀だが、あるミスによって定職処分を受けてしまう。

ジミーは娘の結婚式費用を出すと約束していた為、給料が出ない事に落ち込んでいたが父親が残してくれた貴重なベースボールカードを売却する事に。

しかし、売りに行った店で強盗に遭遇、ベースボールカードも盗まれてしまった。

怒ったジミー達はカードを取り戻す為犯人を捜す事に。

しかし、そこから思わぬ大物組織に繋がっていくのだった…

感想

普通に面白いコメディ映画だと思います。

ブルース・ウィリスの相方役のトレイシー・モーガンはクリス・タッカーとキャラが被ってるような気がしますが…

特に書くような所が思いつかないんですが、普通に面白い映画だと思うので、気になった方は観てみて下さい。(短!)

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事