【映画】「インターンシップ」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、コメディ映画「インターンシップ」です。

ストーリーが気になったので鑑賞してみました。

元気がもらえて、楽しい映画でしたね。


スポンサードリンク

「インターンシップ」レビュー!

監督:ショーン・レヴィ
脚本:ヴィンス・ヴォーン
公開:2013年
出演者:ヴィンス・ヴォーン/オーウェン・ウィルソン/ローズ・バーン

あらすじ

時計販売のセールスマンコンビ「ビリー」と「ニック」は勤めていた会社が倒産してしまう。

就職先を探していたビリーはインターネットでGoogleのインターンに参加する事を決める。

ニックもビリーの説得に応じ2人のオッサンはGoogleの本社へと向かうのだった…

感想

主人公2人のオールドパワーと若者達の掛け合いがいい感じの作品です。

いい仕事をするには若者のパワーも必要ですが、経験豊富なオールドパワーもやはり欠かせませんね。

でも、最低限必要な事はお互いが理解し合おうとし、努力・勉強をする事だと思います。

この映画の様に上手いことはいかないと思いますが、それでもそうありたいと思う事を心掛けたいですね。

いくつになってもやる気になればなんでもチャレンジ出来そうな気にさせてくれる映画なので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事