ザ・コマンダー

この記事は1分で読めます

ザ・コマンダーレビュー

監督:サイモン・フェローズ
脚本:ジョナサン・バワーズ
公開:2006年
出演者:ジャン=クロード・ヴァン・ダム

あらすじ

東欧某国、情勢が不安定な中で決まった新大統領のアミレフだったが、決定に納得がいかない人間達がいた。

大統領選で落選したキリロフは反政府組織を作りアミレフを陥れようと企む。

キリロフの影響で市民も暴徒と化し、今にも大統領官邸に押し寄せようとしていた。

この状況をなんとか納めたいアミレフはアメリカ政府に助けを求め、派遣されたのは「サミュエル・キーナン中佐」彼はネイビーシールズで幾多の死線を乗り越えて来た軍人。

キーナンはアミレフ大統領をアメリカ大使館で保護するが、キリロフは大統領の引き渡しを要求し、人質を取る。

キーナンはこの状況を打開する事が出来るだろうか…

感想

ヴァン・ダム主演という事で観てみましたが、普通に観れるB級アクション映画というところでしょうか。

ヴァン・ダムの格闘アクションはほとんど無いもののテンポも良く、普通に楽しめました。
しかし、B級映画感はいなめないですね。

なんか観たい映画は無いけど、どうしてもアクション映画が観たいという時に観てみてはどうでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事