【映画】「チョコレート・ファイター」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

今回は、アクション映画の「チョコレート・ファイター」です。

「マッハ!!!!」と同じくムエタイアクション映画です。

カッコいいし、感動もする映画です。


スポンサードリンク

「チョコレート・ファイター」レビュー!

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
脚本:ネパリー
公開:2009年
主演:ジージャー・ヤーニン

あらすじ

タイのある街で日本のヤクザと地元のマフィアが縄張りでもめていた。

日本のヤクザである「マサシ」は地元マフィアのボス「ナンバー8」の女である「ジン」に惚れてしまう。

マサシとジンは度々会うようになり、お互いを愛し合っていた。しかし、ナンバー8にその事がバレ、脅されてしまう。

そしてジンは仕方なくマサシに別れを告げ、マサシは日本に帰る事になるが、実はジンはマサシの子供を身ごもっていた。

時は過ぎ、ジンは女の子を出産。「ゼン」と名付け順調に育っていたが、ある時医者にゼンが発達障害である事が告げられる。

ジンは苦悩いしながもゼンを育て、いじめられていた少年「ムン」とも知り合い一緒に暮らしていた。

しかし、ゼンは五感が鋭く働き、一度見た動きをコピー出来る特殊な力があった。
その能力でムエタイ道場の動きをコピーしマスターしていた。

ある時からジンは病に倒れる、しかし貧乏だった為まともに病院での治療が出来なかった。

何とかお金を手に入れたいムンとゼンは昔ジンが付けていた借金の帳簿を見つける。
コレを返して貰えば薬代が払えると、2人は借金の取り立てに行く事に。

しかし、相手はチンピラなどの話しの通じない相手ばかり。
果たして親子の運命は…

感想

「マッハ」と同じ監督の作品で、公開当時は主演のジージャー・ヤーニンが凄いと話題になってましたね。

見事な格闘アクションで圧倒されました。

また蹴りのフォームがメッチャキレイなんですよね。

それもそのはず、ジージャーはテコンドー有段者です。

最初は痛快なムエタイアクション映画かと思って観たんですが、実は凄く悲しいストーリーで泣きそうになりました。

アクションもかなり凄いですが、がジージャーの演技も上手く感情移入してしまいます。

子供がいる人は観終わったあと子供の顔を見たくなるかも?(僕だけかもせれませんが)

日本の俳優、阿部寛さんも出演してます。

興味のある方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事