トム・ヤム・クン

この記事は1分で読めます

トム・ヤム・クンレビュー

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
脚本:プラッチャヤー・ピンゲーオ
公開:2006年
主演:トニー・ジャー

あらすじ

場所はタイ、幼い頃からゾウのポーヤンその子供のコーンと共に成長していった「カーム」。

ある日二体のゾウは何者かに連れさられてしまう。

ポーヤンとコーンを探しにシドニーに到着したカームは手掛かりであるタイ料理のトムヤン
クンへ向かうが、突然警察に追われる身になってしまう。

そして事態はシドニー警察と地元マフィアを巻き込み大事件へと発展していく。

感想

トニー・ジャーのムエタイ炸裂ですね。

「マッハ」よりこの作品の方が僕は好きです。

なにしろトニーのムエタイ技がカッコイイ!より磨きが掛かったように見えましたね。

ストーリーやテンポもなかなか良くて凄く見応えがありました。

ワイヤーアクションやCGは使っていないのはもちろんのこと、格闘アクションは全て実際に当てているようです。

対カンフー、カポエラ、プロレス戦も必見です。

これからも素晴らしい作品を作っていってもらいたですね。

余談ですが、この作品のどこかにジャッキー・チェンのソックリさんが出てます。これは「酔拳3」でトニーとジャッキーが共演する予定だったので、それに対してのオマージュだそうです。しかし、残念ながらその共演は実現しなかったようです。観たかったですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事