【映画】「紀元前1万年」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、太古の地球を舞台にした映画「紀元前1万年」です。

前から若干気になってた映画なんですが、今回気分が乗っていたので鑑賞してみました。

想像とちょっと違う内容でしたが、面白かったですよ。


スポンサードリンク

「紀元前1万年」レビュー!

監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ハラルド・クローサー
公開:2008年
出演者:スティーヴン・ストレイト/カミーラ・ベル/クリフ・カーティス

あらすじ

紀元前1万年の世界で生きるヤガル族はマンモスなどを狩猟し生活していた。

ある日、4本足の悪魔と呼ばれる集団に村を襲撃され住人を誘拐されてしまう。

生き残った「デレー」達は3人は仲間を救出しようと跡を追う事に…

感想

例によって何も確認せずに鑑賞したので、思ってた内容と違ったのでビックリしました。

てっきりセリフもほとんど無い石器時代の物語だと思っていたら、いきなり英語喋ってるし、他にも予想外な事が多くて若干戸惑いましたが、なかなか面白く、れっきとしたヒーロー映画ですね。

他にもこの作品で「神」とされている人物の正体が気になりますね。

ピラミッドと相まって面白い設定でした。

ヒロインを演じていたカミーラ・ベルはキレイな人ですね。

かなり大規模で壮大な映画なので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事