【映画】「ランボー」シリーズレビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、シルヴェスター・スタローンの代表作の一つ「ランボー」シリーズです。

かなり久しぶりに鑑賞しました。

やっぱランボーは強えーわ。


スポンサードリンク

「ランボー」シリーズレビュー!

監督:テッド・コッチェフ
脚本:マイケル・コルゾ
公開:1-1982年 2(怒りの脱出)-1985年 3(怒りのアフガン)-1988年
出演者:シルヴェスター・スタローン/リチャード・クレンナ

あらすじ

1981年、ベトナム戦争帰還兵の「ジョン・ランボー」はかつての戦友を訪ねとある田舎町にいた。

しかし、その戦友はガンによって既に亡くなっていた。

落ち込んだランボーは食事をしようと町を歩いていたが、町の保安官がランボーを問題を起こしそうだという理由で逮捕されてしまう。

そして、警察署で無理矢理ヒゲを剃られそうになった時、戦争時の記憶がフラッシュバックし警官達を倒し逃走。

そして州警察も出動し大規模な捜索が始まる…

感想

初めて知ったんですが、小説を基にした映画のようで、1作目はかなりメッセージが込められた作品ですね。

当時ベトナム戦争の帰還兵は敗戦したという事もあり、国内の一部で酷い扱いを受けていたらしいんです。

そういう状況を反映させているので、1作目は特に印象的です。

最初に観たのは小学生の頃だったと思います、当時ベトナム戦争などの知識はほとんどありませんでしたが、その時に感じたランボー可哀想だなという印象は今でも覚えています。

今回観るとそれは更に強く思います。

「何にもしてないのに理不尽過ぎる!」と怒りが込み上げて来ました。

あの保安官、腹立つわー。

そして悲い話しでもあります。

その後の2作はランボーの強さを前面に出したアクション映画ですね。

今観ても十分楽しめる映画なので、気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事