【映画】「ミッション・インポッシブル」シリーズレビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は2分で読めます

今回は、トム・クルーズのスパイ映画「ミッション・インポッシブル」シリーズです。

新作のフォールアウトが公開されるので予習として再度鑑賞です。

やはり文句なしに面白いですな。


スポンサードリンク

「ミッション:インポッシブル」シリーズレビュー!

監督:ブライアン・デ・パルマ他
脚本:デヴィッド・コープ他
公開:1-1996年 2-2000年 3-2006年 4(ゴースト・プロトコル)-2011年 5(ローグ・ネイション)-2015年
出演者:トム・クルーズ/サイモン・ペグ/ジェレミー・レナー他

あらすじ

CIAの特殊工作部通称IMFの特殊工作員「イーサン・ハント」は機密情報の漏洩を探る為チームで任務を遂行していた。

しかし、作戦中に仲間が次々と殺されてしまい、生き残ったハントは上層部にコンタクトを取るが、唯一生き残ったハントにスパイ容疑がかけられてしまいIMFからも追われる事に。

事実を解明する為にハントは行動を開始する…

感想

トム・クルーズの代表作の一つであるこのシリーズ。

彼自身が制作に関わり、大部分アクションを自らこなしているのも有名ですよね。

全作品がスリル満点で、1分1秒を争う展開にめちゃくちゃドキドキします。

カーチェイス、バイク、空、高層ビル、水中などなど、ほんと心臓に悪い映画です。

派手なアクションも面白いですが、個人的にサスペンス要素が強い1作目が何気に1番好きかもです。(他の作品も十分面白いですよ)

ラストでイーサンを本当にスゲーと思ったのは4作目ゴーストプロトコルです。

イーサンのとった方法はまず思いつかないと思うので始めて観たときは衝撃的でした。

毎回悪の親玉が登場しますが、個人的に1番恐ろしいと思ったのは、2作目に登場する「デイヴィアン」です。

フィリップ・シーモア・ホフマンが演じている彼が1番恐ろしかった…
「やると言ったら手段を選ばずやる」という凄みが感じられてかなり怖かったですね…

それだけ彼の演技が素晴らしいという事でしょう。

毎回有名俳優さんが登場しますが、ジェレミー・レナーが登場する4作目からも好きです。

とにかくド派手なアクションと散りばめられた謎を楽しめる最高のエンターテイメントですね。

まだ観てないという方がいたら是非観てみて下さい。

6作目となるフォールアウトも楽しみですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事