【映画】「キック・オーバー」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

この記事は1分で読めます

今回は、メル・ギブソン主演のアクション映画「キック・オーバー」です。

例によって内容はあまり確認せず、メル・ギブソンが目的で観賞。

これが予想以上に面白くて、楽しませて頂きました。

こういう作品に出会える事がジャケ借りの良いところですね。


スポンサードリンク

「キック・オーバー」レビュー!

監督:エイドリアン・グランバーグ
脚本:メル・ギブソン
公開:2012年
出演者:メル・ギブソン

あらすじ

とある所から盗んだ大金を持ってアメリカとメキシコの国境付近を逃走する「ドライバー」とその相棒。

しかし、国境を超えた時点で捕まってしまい相棒は死亡、ドライバーだけがメキシコの刑務所に収監される事に。

その刑務所はメキシコでも最悪とされる「エル・プエブリート」、金さえあれば囚人であろうと何でも手に入り、刑務所内で強盗や殺人が頻繁に行われていた。

ドライバーが盗んだ金はメキシコの汚職警官が横領し、ドライバーは言葉もろくに通じない刑務所内で金を奪い返す方法を模索していた。

しかし、金を盗まれたある人物は犯人を探し動き出していた…

感想

法律も何もあったもんじゃない刑務所内で頭脳で立ち回るドライバーは「凄いなー。」と思いながら観賞してました。

ド派手なアクションは少ないですが、スリルは満点!

頭や心理戦を使って状況を打開して行く様は爽快です!

あまり期待して無かったのが良かったのでしょう。予想以上の面白さに大満足です。

メル・ギブソン自身が脚本や制作に関わっているのも特徴ですね。

気になった方は観てみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事