16ブロック

この記事は1分で読めます

16ブロックレビュー

監督:リチャード・ドナー
脚本:リチャード・ウェンク
公開:2006年
主演:ブルース・ウィルス/モス・デフ/デビット・モース

今回は「16ブロック」です。
ブルース・ウィリスが出てたので借りて観ました。

あらすじ
アメリカ・ニューヨーク アル中でしょぼくれた刑事のジャック・モーズリーは夜勤明けで、囚人の護送を上司に頼まれます。夜勤明けなので無理と断わるも、16ブロック先の裁判所まで送るだけと命令されしぶしぶ了承。護送途中ジャックは酒を買いに酒屋に寄る。その時、囚人を狙う襲撃が!!しかしその襲撃は警察だった‥その囚人は汚職警官の目撃者で裁判所でその証言をする予定だった。それを阻止しに来た警官はジャックの同僚、何かおかしいと察知したジャックは囚人を助け逃走、そして仲間の警官の追われる事に‥ジャック達は裁判所までたどり着けるだろうか?

感想
何となく借りて観たんですが、意外と面白かったです。ブルースの刑事役は見慣れているんですが、今回はアル中で、足が悪くて、チョット頼りない刑事役です。そして今回のブルースには黒い秘密があります。
同僚警官との駆け引き、距離にして数100m先の目的地への脱出劇、そしてジャックの過去。
それらがいい感じに合わさってなかなかの良映画だと思います。ダイハードとは一味違ったブルースが観られます、気になった方はどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事