【映画】「ユージュアル・サスペクツ」レビュー!あらすじや感想を紹介!

この記事は1分で読めます

今回は、ケビン・スペイシー出演のサスペンス映画「ユージュアル・サスペクツ」です。

結構有名な映画だと思うんですが、僕は今回初めて観ました。

ラスト5分はなかなかの衝撃でしたね。


スポンサードリンク

「ユージュアル・サスペクツ」レビュー!

監督:ブライアン・シンガー
脚本:クリストファー・マッカリー
公開:1996年
出演者:ガブリエル・バーン/ケヴィン・スペイシー

あらすじ

カリフォルニア州の港で船の爆破事件が起きた。

現場では多くの遺体が見つかり、2人の生存者がいた。

1人は全身にやけどを負って病院に搬送されたが、もう1人は無傷で生き残っていた。

その生き残りは「ヴァーバル」という男。

彼は身障者だが、詐欺師として有名なワルで、事件に関わっているとして警察が事情を聞く事に。

そしてヴァーバルの口から事件の経緯が語られる…

感想

DVDのジャケットだったと思いますが、「この結末は誰にも言ってはいけない」というキャッチコピーが書かれていました。

本当にその通りで、観た人は誰にも言ってはいけませんよ。楽しみが無くなります。

過去と現在が交互に展開する作品は今でこそいろいろありますが、当時は珍しかったんでしょうね。

スリルがあって、展開も早いのでとても面白かったですね。

やはり一番はラストです。

あのどんでん返しがたまりませんでした。

もう凄いとしか言いようがありません。

何がどう凄いのかは観てのお楽しみという事で。

計算された素晴らしいストーリーご堪能下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事