「デンゼル・ワシントン」のプロフィールと出演映画の紹介!

この記事は2分で読めます

渋いけどどこか親しみやすい俳優さんの「デンゼル・ワシントン」。

僕の好きな俳優さんの1人で、初見は「クリムゾン・タイド」ですね。

様々な役をこなしている実力派だと僕は思っています。

カッコイイですよね。

今回はデンゼル・ワシントンのプロフィールや出演している映画を公開された順に紹介しています。

各作品名から映画紹介のページにリンク貼っておくので良かったら見てみて下さい。


スポンサードリンク

デンゼル・ワシントンのプロフィール!

生年月日:1954年12月28日

出身地:アメリカ ニューヨーク州マウント・バーノン生まれ。

身長:185cm

父親は牧師、母親は2件の美容室を経営していた。姉と弟の3人兄弟。

両親が多忙だった為に幼い3人は学校が終わってからは、青少年育成団体に預けられそこでデンゼルはスポーツに熱中した。

また、母親の美容室で過ごす事が多く、そこで客と話す事で話を作る楽しさを知った。
しかし、彼が14歳の時に両親が離婚し母親に育てらてた。

反抗期は酷く、粗暴な行いを心配した母親は全寮制の学校に入学させ、暴力的な状況から遠ざける為に映画を観る事を禁止していた。

高校卒業後はオクラホマ州立大学に進学するも、すぐに中退。その後ベビーシッターなど様々な職業を経験し、1977年にニューヨーク州フォーダム大学に入学し、ドラマとジャーナリズム学部に編入する。

バスケットボールの強豪チームとして有名だったフォーダム大学でバスケットボールに打ち込み腕前はセミプロ級のようだ。また、大学のサマーキャンプに参加した際に寸劇の演出を担当した事で演技に強い興味を抱いたという。

大学卒業後は別の学校に通い、1年間演技を学んだ。

映画デビューは1981年の「ハロー、ダディ!」。

以来、様々な作品に出演して、1992年の「マルコムX」で注目を集める。以降も多数のジャンル、役柄で映画に出演し、実力派俳優としてスターの地位を得た。

私生活では1983年に女優のポーレッタ・ピアソンと結婚。4人の子供を授かっている。

デンゼル・ワシントンの出演映画紹介!

ジョンQ-最後の決断-

2002年公開

インサイド・マン

2006年公開

ザ・ウォーカー

2010年公開

デンジャラス・ラン

2012年公開

2GUNS

2013年公開
2ガンズ

イコライザー

2014年公開

マグニフィセント・セブン

2016年公開


以上、デンゼル・ワシントンについてまとめてみました。

昔はワルかったのが意外でしたね。

まだまだこれからもいろんな映画に出演して、多くの人を楽しませてもらいたいですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

クニニ アバター
名前:クニニ
年齢:1980年生まれ

高知の田舎から映画バカがブログ発信中です。
映画って面白いですね。

映画とは関係ない事も書いてますが、あくまで映画をメインにしていきたいと思っています。





スポンサードリンク

このサイトが面白かった、役に立ったという方がいましたら。
クリックで応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログへ

おすすめカテゴリー記事